BIOGRAPHY

-誰しもが夢見た“パラノイア・サウンド”の世界へ-
パラノイア・サウンドの担い手として独自の感性と音楽を融合させ、妄想の中で生まれる”S”の主張をこの現実世界で叫び、訴え続ける。

閲覧できない場合はコチラ
閲覧できない場合はコチラ
閲覧できない場合はコチラ
閲覧できない場合はコチラ
閲覧できない場合はコチラ